×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■戻る■ 2ちゃんねる ニュース速報+に戻る 元のスレッド 全部 1- 101- 201- 301- 最新50


【政治】「軍部のかかわりがまったくなかったとは誰も思っていない」 町村官房長官、沖縄集団自決について認識を示す
1 名前:西独逸φ ★:2007/09/28(金) 20:00:44 ID:???0
町村信孝官房長官は28日の記者会見で、太平洋戦争末期の沖縄戦で起きた集団自決を巡る教科書
検定意見に沖縄県内で批判が高まっていることについて、「沖縄のみなさんが先の大戦で苦労された。
その際に軍部のかかわりがまったくなかったとは誰も思っていない」と述べ、旧日本軍の関与はあった
との認識を示した。

ただ、「旧軍の強制性」の削除を求めた検定意見については「そのときどきの政権の判断が入り込まない
ような仕組みを作っている。政治の立場からものを言うべきではない」と述べるにとどめた。

ソース
毎日新聞 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070929k0000m010028000c.html

2 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:01:36 ID:ggS27DsT0
やっぱこいつダメやな
と言いたいが、とりあえず切文引用はやめて全文掲載しろよ>毎日

3 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:02:05 ID:CAFx/hsS0
ネットウヨ死亡wwwwwwwwww

4 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:02:09 ID:F4r0yryj0
そりゃそうだ

5 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:02:44 ID:z5RKUl1R0
当掲示板は南京事件等日本の戦争犯罪をなかったものにしよう、
正当化しようとする言説に対抗して設置された掲示板式資料検証集です。 @
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=267;id=imgbord

当掲示板は従軍慰安婦性奴隷等日本の戦争犯罪をなかったものにしよう、
正当化しようとする言説に対抗して設置された掲示板式資料検証集です。 A
http://www.awf.or.jp/1/facts-12.html


6 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:02:48 ID:CZff7ERx0
>>1
この立場で随分ぶっちゃけたなw

7 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:03:10 ID:8bGzsgZA0
 町村、おまえもかよ!最悪だな、なにこの内閣・・・。

8 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:04:10 ID:Esd5J1KwO
単なる現場の一軍人が強い語調で注文を付けることは「命令」ではない
そんなものは命令の範疇外

9 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:04:47 ID:eCqgWMU90
まぁ当然だな、よくぞ言ったって感じか

10 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:04:48 ID:IrkQxCeQ0
また中途半端な・・

どうしてこう火に油を注ぐようなことを言うんだ、日本の政治家は

11 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:04:58 ID:ggS27DsT0
ちゅか、これおかしくね?
町村は
>沖縄のみなさんが先の大戦で苦労された。
>その際に軍部のかかわりがまったくなかったとは誰も思っていない
こう言ってるだけだろ
これがなんで集団自決と軍とのかかわりにつながるわけ?


12 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:05:02 ID:6BaO50Gq0
>>1
まあ状況からして関与してないわけは無いわな。
全部が全部軍の命令による自決ってわけでもないんだろうけど。

13 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:05:33 ID:D8MmutLu0
「生きて虜囚の辱めを受けず」という精神を国民に徹底しておいて、
後になって、「私らには何の責任もありませーん」って、
あまりの厚顔無恥さに、一種尊敬の念すら感じるな。

14 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:06:27 ID:9yPXDodt0
>>1
官房長官自身の私産解放してやって下さいね
一円も出し惜しんではいけませんよ

15 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:07:15 ID:AkIyuwfe0
【社会】 「ウソをつき通してきたが…。"日本軍の命令で自決"話、実は創作」 渡嘉敷島集団自決で、初証言
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1156647628/l50
・第二次大戦末期の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で
 軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)が、「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等
 援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする
 住民は1人もいなかった」と証言した。現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑性が
 薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な
 材料になりそうだ。

中略

 照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の
 悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。

 渡嘉敷島の集団自決は、昭和25年に発刊された沖縄戦記「鉄の暴風」などに軍命令で行われたと
 記されたことで知られるようになった。大江健三郎さんの「沖縄ノート」では、赤松元大尉が「『命令
 された』集団自殺をひきおこす結果をまねいたことのはっきりしている守備隊長」と書かれている。
 その後、作家の曽野綾子さんが調査やインタビューを基にした著書「ある神話の背景」で軍命令説への
 疑問を提示。平成17年8月には、赤松元大尉の弟らが岩波書店と大江さんを相手取り、損害賠償や
 書物の出版・販売の差し止め、謝罪広告の掲載を求める訴えを大阪地裁に起こしている。(一部略)
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/16661/


16 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:07:21 ID:BtBmnp/M0
ソースが毎日wwwww

17 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:07:44 ID:34sf9QVQ0
米軍と戦うための貴重な武器である手榴弾を、なんの訓練も受けていない
住民に渡してるのに、「軍は関係ない」なんていうほうがおかしいわ。
住民は日本軍から手榴弾を強奪したってのかよw

18 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:07:46 ID:Q9vYrrHB0
一軍人の行為が軍の総意になるのなら、
ミャンマーで軍に邦人が殺されたら、
ミャンマー軍に宣戦布告しなくちゃならないな。

19 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:08:38 ID:z5RKUl1R0
結論でたようだね。
沖縄集団自決で日本の強制はありました。
否定派のばかどもは証拠を提示できなかったのでもう終りです。

20 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:08:41 ID:ur9vdwOc0
>旧日本軍の関与はあったとの認識を示した。

まあ、関与があったといえばあったかなあ。
新聞配達員の犯罪に新聞社の関与があったのと同程度ぐらいに。

21 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:08:49 ID:XSIVPT2D0
ウヨ卒倒wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






22 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:11:02 ID:6BaO50Gq0
>>8
民法なんかでは外形標準が適応されて、
無権団体所属者が上層部の意向を騙った場合でも、
その外形に説得力があれば所属団体が当然に責任を取らされるけどね。

23 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:11:02 ID:IuzeKfd00
関与って言う言葉の与えるイメージがな


24 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:11:10 ID:BtBmnp/M0
>>17
軍は直接住民に渡してはないぞ。
軍が地元の防衛隊に渡した手榴弾を勝手に自分らの身内に「これで自決しろ」って渡したんだよ。

25 名前:ガムはロッテ アイスもロッテ:2007/09/28(金) 20:11:30 ID:hXRV1paS0
戦時中という超特殊な環境下では何が起こってもおかしくは無い
現に、アメリカ軍の虐殺もひどいものであったしな。

26 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:13:03 ID:g2eVz6680
醜いウヨの演技もここまでか‥

27 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:13:03 ID:g8UHH0200
集団自決を率先したと言われる沖縄防衛隊の人は一応軍属だからな、まったく無関係という訳ではあるまいて。
その辺りの事情を、わざと混同して報道するからややこしいんだよ。

要するにマスゴミ市ねってこった。

28 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:13:09 ID:A8pLVZ560
従軍慰安婦問題は結局 田中角栄 小佐野賢治 児玉誉士夫らが私腹こやして

 少し軍部に献金した問題 彼らは売春宿のオヤジ

29 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:13:36 ID:AGreGMTp0
>>25
投稿前によく読もう!

投稿確認
・投稿者は、話題と無関係な広告の投稿に関して、相応の費用を支払うことを承諾します

30 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:15:33 ID:MrCvnQL/O
恥辱に耐えられない高潔な人達だったから自決したのでしょうね。畜生に堕しても生きていたい今時の人民共にゃあ理解出来ないね。

31 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:16:41 ID:z5RKUl1R0
Bye bye.日本猪

戦争中、沖縄を見捨てヤマトの盾代わりとした小日本
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3351899.html

32 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:16:46 ID:0Fwo6V6WO
>>19
「ないことを証明する」事を要求する貴方の脳みそには勝てませんわ

33 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:17:37 ID:JmZPSeyp0
>19
ばかはお前だ

34 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:18:19 ID:FOA+aVWR0
毎日が馬鹿なのか
 この>>1の問答を「自決について」としか読めない奴が馬鹿なのか
 馬鹿に馬鹿と言ってしまう、素直な俺が馬鹿なのか

35 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:19:39 ID:BHWIb4RC0
>>19
関与したとは言ってるけど強制したとは言ってないね

36 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:22:09 ID:XIPm6YL3O
んなもん小隊長の裁量によって色々 あったかなかったか一括りで歴史解釈するのがあほ

37 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:23:23 ID:z5RKUl1R0
日本は確かに陸軍部隊の補給は行いませんでした。
しかし保有攻撃機1万5千機中の3千機を沖縄に投入したのです。
知覧・鹿屋から一度も行ったこともない、
故郷でもなんでもない沖縄のために特攻攻撃したのです。

38 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:23:43 ID:/gCBV3Xy0
>>19
町村は集団自決の強制なんて言ってないんだけど、
もし政治家が言った事が結論になるんなら恐ろしい世の中だな、
分かるか言っている意味?

39 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:24:23 ID:6BaO50Gq0
>>36
だから「全部一括して軍の関与というわけではないが、関与した事例もあった」と町村は言いたいんでしょ。

40 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:25:48 ID:HMReDueY0
はぁ?

また、勝手に政府の公式見解出しちゃうのかよw

河野といいバカばっかだな

41 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:28:31 ID:z5RKUl1R0
沖縄 VS ヤマト

42 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:28:46 ID:bvAsps/E0



V6の井ノ原と朝香結婚発表

http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070928-262706.html




43 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:40:17 ID:VIKmHUZ50
米軍を正義として描くためには日本軍は鬼畜にしておかなければならん。
それが戦後日本政府。

44 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:42:08 ID:bAnQibBu0
新聞社が戦意高揚を煽った件は教科書に載ってるの?

45 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:43:24 ID:cLfMsSPI0
>>1も読めないTV民レベルのバカ共が爆釣ww

46 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:45:33 ID:NH7itLFv0
旧陸軍の胡散臭いところは、富永恭二や牟田口廉也、辻正信等が記録に残しておる。しかし、栗林忠道のように
自決を強制せずに戦い抜けと言った将軍や、今村均、宮崎繁三郎のように生き延びることを兵に求めた将軍もいたことも解っている。

沖縄にいた牛島満将軍が何を言ったのかよく解らん。沖縄にいた陸軍だけの問題なのかどうかを、国は誠意を以って検証するべきだよ。

47 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:47:43 ID:z5RKUl1R0
アジア女性基金
http://www.awf.or.jp/guidemap.htm


今日、9月28日付のジャパンタイムスで、世界に紹介
された日本人の異常性、残虐性。
http://www.awf.or.jp/3/oralhistory-00.html

48 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:50:16 ID:iAQbvR/N0
>>19
え?悪魔の証明?

49 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:50:40 ID:8wWWu3iZ0
事実はちゃんと認めないとね。福田政権になりようやく正しい方向に戻ってよかったよかった。

50 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:50:50 ID:N7T2BENJ0
正解は
「昔の話だから、真実はわからないけど、もう終わった話だし、建設的に
 行こうよ。でも、金を請求したりするのはナシね。日本も貧乏に
 なったからね。今更こんな事言い出すのはバカだもん♪
 仮に全て強制でも、もーそんな事はしないから安心してね」
です。

51 名前:見果てぬ夢 ◆PeopLeY2gc :2007/09/28(金) 20:53:01 ID:w8itGcmh0
軍ではなく軍を支援する軍のようなものが
自決を推進したりしたのでしょう。
それは軍ではない。

52 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:53:57 ID:RV1Ueqin0
>>50
オレもそれでいいや

53 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:56:24 ID:h2Ue+5460
当時の状況は米軍に捕まると何されるかわからないので自決したんです。
レイプされるのが分かっていて恐ろしくて自殺したんだろ。

54 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 20:59:51 ID:OAI2hXccO
「あったよ」派は何がなんでも全て残虐行為
「なかったよ」派は何がなんでも全て美談
カミアワネ

55 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:01:33 ID:i+HyBd2m0


     「生きて虜囚の辱めを受けず」


これ、当時の日本人はみんな持っていた武士道の美学
ま、今の沖縄にはその欠片もない恥知らずの人間しかいないわけだが

56 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:03:26 ID:/JR3Weo90
>単なる現場の一軍人が強い語調で注文を付けることは「命令」ではない
>そんなものは命令の範疇外

57 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:04:06 ID:/jXVehat0
真面目な話、専門用語は間違っていると思うが

・沖縄に展開していた方面軍参謀は、情報漏洩を懸念していた。
・情報部門将校達は、「敵に協力しない、捕まらずに自決する」ことを住民に指導をするよう下に言った。
・ただ、指揮系統がめちゃくちゃで、指導の命令自体、ほとんど末端にいっていない。

ということで、

  沖縄に展開する方面軍部「内」で自決を強要する動きがあった

とすればいいと思うんだが、なぜ「軍」(全体)の責任にするんだ?
論理が中共そのもの。日帝が悪い=旧日本軍極悪

58 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:05:35 ID:15khfo2gO
日本軍によって不必要な死者を出したのは否めないだろ。
なんとか大将も電報かなんかで言ってたし。
でも自決は文化の問題だろ

59 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:07:32 ID:/JR3Weo90
>>55
いやそれは「東条」が国民に指示したことだから。


60 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:07:42 ID:wWgm6f860
兵士が武器を紛失したりしたら半端なく「かわいがられる」だろ。
沖縄だけは特別だったのかね。

61 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:10:55 ID:i+HyBd2m0
>>59 馬鹿は黙ってろ

62 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:12:22 ID:S/TuAZ1s0
町村はバカじゃなかったなw

63 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:13:08 ID:O4dMLwIh0
あ〜あ、アサヒっちゃってw

64 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:13:23 ID:7F0E0ccm0
結局軍の強制ではなく一部兵の暴走でしょ。軍・政府の監督責任を追及するのなら
分かるけど。

65 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:14:21 ID:1ynHX4950
ない物を作る沖縄はすごいですね

66 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:15:34 ID:/gCBV3Xy0
>>65
錬金術だな。

67 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:17:36 ID:ddb7StZ/0
現場指揮官のその場その場での行動だろ、軍の命令じゃない。

68 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:19:32 ID:g8UHH0200
でも、こういう報道でも「やっぱり軍が集団自決を強要したんだ」と思うアホも居る訳で。
どっかフォローアップしてるようなサイト無いのかね。

69 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:19:56 ID:nW4qaIQd0
>>57
まあパンピーにとっちゃ地元の部隊が軍そのものだからな。
沖縄が軍の責任を問いたい気持ちは理解できるし、
末端の暴走といえども当然軍部に責任はあると俺は考える。

が、他人の不幸の尻馬に乗って自らの思想を垂れ流すゴミ左翼どもには反吐が出る。

70 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:20:14 ID:W1dkSVoqO
上級司令部はまさかそんな命令出さんわな。
なんとかできると思ってたし。
でも、下級部隊でどんな事が行われたかなんてわからない。実際は黒の場合もあるだろうよ

71 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:20:47 ID:eWBjoEjw0
>>67
そこは沖縄県民に配慮したってことじゃないの。
将軍が命じようが一兵卒が命じようが言われた方からすれば
軍に強制されたって気持ちはわからんでもないし。

72 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:21:58 ID:EEFekV/k0
>>37
ほう、日本の為にじゃないのかね?

73 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:24:21 ID:KhkXlpp+O
>>1
総裁選に福田が勝って日本終わったと思ったけど町村がしっかりしてればまだ希望がもてるな。

74 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:28:31 ID:90FXL1bw0
毎日のアサヒり言語に騙されるなと

>沖縄のみなさんが先の大戦で苦労された。
>その際に軍部のかかわりがまったくなかったとは誰も思っていない

苦労というのが自殺を指すと限定しても
軍部が「死ね」と強制したわけじゃない。
それを侮日が勝手に拡大解釈して捏造してるだけ。

もし町村が「軍部は自決に関与していない」と言えば侮日は
手榴弾の話を持ち出し「よく見ろ、関与してるじゃないか。この嘘吐きめ」と持っていくつもりだった筈。

自決への「強制」と「関与」をごっちゃにして全て日本のせいにしようという侮日の企みでした。


75 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:29:33 ID:ZgGcA/fP0
     /∵  ▼ \
    /∴       ヽ
   , |∴   /  \ |、   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |`──-( / )-( \)l |  <  町村のAAできるまでの暫定AAや
  | [     ,   っ  l |    \_______
  `-,     'ヽ、_ソ  }'
  / ヽ、    `'   ノ
 /     ゝ ── '  \

76 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:30:38 ID:Iasr+aC60
当時の人々にとって、自死を選ぶというのも高貴な判断だったのだから
現在の価値観で、軍によって望まない死を強要されてかわいそう
と考えるのは、気の毒がっているようで実は人をバカにした話。
気の毒がって実は自分が高みに立ってしまっていることに気づかない。

77 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:30:57 ID:SCdqgGx80
日頃からなんかあったら自決しろとか言ってたんだろ

78 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:31:57 ID:EEVUMjVv0
ううむバカが多すぎて笑える。

答えは簡単、軍も民も同じ熱狂に飲まれていた。普通に考えて
強制の集団自決なんてありえないのは当然。普通なら軍が足手まとい
になるとかの理由で「殺す」ならともかく、なんの脈絡もなく
集団「自決」なんてなしえるわけない。当時、敵に虜囚になるくらい
なら自決する、というのは軍の強制以前に、国民を覆っていた空気。
そうゆう戦時体制にもっていった責任の一端は、軍部にあるのは
当然だが、それが命令系統としての集団自決命令かどうかは別
問題。

あと貴重な手榴弾をどうして住民が?とかほざいてるヤツもバカ。
本土決戦のさきがけである沖縄で、南方の孤島並みに物資が欠乏
してるように思い込んでるのも間違い。

79 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:33:07 ID:nJc3VH0a0
日本語不自由の戦後左翼が狂喜するスレか
左に馬鹿が多いと助かるな

80 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:35:11 ID:mPk5hDNK0
アメリカの植民地のままでよかったのに

81 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:35:20 ID:RKoHzeWG0
マッチーに失望。

所詮、福田の手先でしかないか。

82 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:37:06 ID:lilzI4zvO
本当の事をどれだけ示しても、サヨクの腐れた心には届かない。


83 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:40:01 ID:hST9ysBR0
俺は歴史関連は疎いので聞きたいのだが
「軍が集団自決を指揮したと教科書に載るほどの証拠」というのは
どういうものを指すのだろうか?

書面で残っていれば確実な証拠だろう。というのは分かる。
ここで揉めてるあたり、たぶんそんな書面は残ってないんだろう。
軍が一般人を訓練するときに鬼畜英米が襲ってきたら死より怖いことになると脅したのも本当だろう。
これが集団自決の強要の遠因になったのは間違いないだろうが、国はこれを証拠としてない、
だから教科書から外した、ということだよね。
ここらへんの検証をしっかりやって貰わないと、こっちもどう書けばいいのか分からない。

なんだか左翼集団のゴネ得みたいな流れになってて嫌だ。
沖縄戦なんて、左翼のお遊びレベルの悲劇じゃないでしょ?

84 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:40:32 ID:EEFekV/k0
どちらも本当の事と思っているだけだからね

85 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:42:17 ID:RKoHzeWG0
>なんだか左翼集団のゴネ得みたいな流れになってて嫌だ。

戦後ずっとその流れです。

86 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:42:32 ID:5vsYqIaF0
沖縄の女達は ロスケ顔負けの雨公に強姦輪姦された訳だから 自決は正しかったんだが

87 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:44:45 ID:EEFekV/k0
君の親兄弟もそうだったわけか。。。

88 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:44:57 ID:/gCBV3Xy0
次に反日家達が沖縄を利用するなら何かな?
防衛隊員強制使役説とか有りそうなんだけど。

89 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:46:31 ID:i+HyBd2m0
英霊の名誉を汚して恥じることを知らない沖縄県民と提灯マスゴミ
に天誅下るべし

90 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:46:47 ID:JnmMGrxq0
まったくなかったじゃなくて
命令したんだろ>軍人
最低だなw

91 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:47:07 ID:90FXL1bw0
例えるなら
毎日新聞販売員による幼女誘拐殺人に毎日新聞が関与していた
http://1st.geocities.jp/matome83/nara/index.html

例えるなら
毎日新聞社東京本社写真部の五味宏基がアンマン空港で職員を爆殺したのも
http://www.gameou.com/~rendaico/bushco/mainitiziken.htm
毎日新聞の会社命令があった

ということになる



92 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:49:17 ID:7hVQkhuRO
『まったく』を強調して言わないと、誤解されかねないな。
でも、ガンバレ!町村!

93 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:51:46 ID:pG1HMGgx0
また毎日がアサヒってる。

94 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:56:25 ID:uFUnaF+b0
>>1
ま、現段階で政府がコメントできるとしたらこんなもんだろう。
しかし、関わりってあいまいな言葉だな。

95 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 21:57:33 ID:YhLcerqO0
しねよ、町村。
この内閣もうだめだ。

96 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:01:50 ID:JnmMGrxq0
軍人は命令してない?
そりゃそうだろ満州で民間人置き去りにして逃げたモンね

民間人が死のうが生きようが興味がないんだろ>軍人

軍人が国を守るってのは嘘
自分の組織を守るだけw

97 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:02:06 ID:CQ518khu0
中途半端だけどこんなもんだと思うけどね

98 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:02:39 ID:t0UTYeKX0
これって南京事件や従軍売春婦問題と同じ構図じゃん

保守派の誰もゼロだなんて言っていないし完全否定なんてしてないのに
まるで公式見解が「かかわりがまったくなかったとは思っていない」となったら
サヨクがまるで勝利でもしたように大騒ぎ

バカじゃねーの

99 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:05:04 ID:uZkEIdKv0
スレタイ、軍部の「かわいがり」って読めた

沖縄まじ腐ってるな。
沖縄の音楽も食べ物も好きだったけど、こういうこといろいろ
わかってきてからは急速に冷めて、嫌いにさえなりつつある。
沖縄にハマってる奴らも、調べ物ひとつしないで平和平和言って
9条死守だの集団自決だの従軍慰安婦だの南京大虐殺だの
アカヒの言いぐさをそのまんまリピートしているお花畑サヨが多い。
若い奴でも普通に多い。
お前らの大事な沖縄の珊瑚礁に落書きしたのは誰だと思ってるんだ。
今は苦々しい思いばかりがこみ上げる。
チクショー、俺の好きな月ぬ美しやと海ぶどうと塩煎餅を返せ!

100 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:06:53 ID:AkIyuwfe0
メッセージ復帰30年(下)・告白
宮城晴美『母の遺したもの』高文研
 「いずれ機会をみて発表してほしい」と、一冊のノート(手記)を私(宮
城)に託し、半年後(一九九〇年)、六十九歳の生涯を終える。字数にして
四百字詰め原稿用紙約百枚。自らの(沖縄戦での)戦争体験の日々を具体的
につづっていた。しかも、手記は過去の記述を、根底から覆す内容を含んで
いた。
 ・・・同著の要旨を追うことにする。当時の(日本軍の)座間味島駐留軍
の最高指揮官、梅澤部隊長からもたらされたという「住民は男女を問わず軍
の戦闘に協力し、老人子供は村の忠魂碑前に集合、玉砕すべし」が、事実と
違う記述であった。以後、「座間味島の“集団自決”は梅澤裕部隊長の命
令」が根拠とされてきた・・・・。

 事実は、部隊長の命令は下されず、村役場の伝令が飛び交い、次々と集団
自決へ走った。手記発表後、(著者宮城の)母は、自分の“証言”で梅澤
(旧日本軍部隊長)を社会的に葬ってしまったと悩んでいた。事実を公表す
れば、島の人々に迷惑が及ぶ(偽証で国から軍属年金をだまし盗っている島
民仲間が、罰せられる)。板ばさみの心痛を一人で背負っていた。
 一九八〇年、那覇市内で梅澤と再会。そして母初枝が告白した。「命令を
下したのは梅澤さんではありません」。この一言に、梅澤は涙声で「ありが
とう」を言い続け、嗚咽(おえつ)した。だが、告白をきっかけに事態は急
変。さらに波紋を広げていく・・・。
<沖縄タイムス2002年9月21日朝刊6面より>


101 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:07:39 ID:CQ518khu0
あったなかったは別として、投降した民間人が安全に、保護もしくは、収容施設に入れられると
当時の軍人が思えたとは、思えないという気もして同情する。
東京大空襲している連中が、とても安全投降させてくれるとはおもわネーヨ

102 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:07:56 ID:yTA6OAmr0
つうかさ、
黙って消すから馬鹿が暴れるんだよ。

堂々と、
「こういう経緯がありました」
「生活のために仕方がなく嘘を吐いていたことが明らかになり、名誉回復がなされました」
って書けばいいのに。

消すな。
馬鹿。

103 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:08:54 ID:AkIyuwfe0
>>101
◆サイパン戦で生き残った田中徳祐・元陸軍大尉(独立混成第47旅団)の証言
・「米軍は虐待しません」の呼びかけを信じて洞窟から出てきた婦女子全員が素っ裸にされ、
数台のトラックに積み込まれた。「殺して!」「殺して!」の絶叫を残してトラックは走り去った。

・次には滑走路に集まった老人と子供の周りにガソリンがまかれ、火が付けられた。たちまち
阿鼻叫喚の巷と化した滑走路。我慢ならず我が兵が小銃射撃をしたが、米軍は全く無頓着に 晩行を続ける。
・火から逃れようとする老人や子供を、米軍はゲラゲラ笑いながら火の中へ蹴り飛ばしたり、
銃で突き飛ばして火の中へ投げ入れる。2人の米兵は草むらの中で泣いていた赤ん坊を
見つけると、両足を持って真っ二つに引き裂いて火中に投げ込んだ。「ギャッ!」といふ悲鳴を
残して蛙のように股裂きにされた日本の赤ん坊とそれを見て笑う鬼畜の米兵ども。

・こんなに優勢な戦闘状況にも拘らず、米軍は毒ガス弾(赤筒弾)攻撃まで仕掛けてきた。
・マッピ岬にたどり着いた田中大尉は、岩の間に一本の青竹を渡し、それに串刺しにされた
婦人を見た。さらに自分と同じ洞窟に居た兵士や住民が五体をバラバラに切り刻まれて 倒れているのを眼前に見た。

『正論』平成17年9月号「NHKウォッチング」  中村粲・元獨協大学教授、昭和史研究所代表



104 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:08:59 ID:RKoHzeWG0
↓これが自決???

『神話の背景』は、ある生き残りの母子の眼で描かれた金城重明氏の「もう一つの姿」
(『潮』昭和四十六年十一月号)というのを紹介している。

 「その人(金城氏)は大きな棒を拾って、『まだ生きているか』と確かめながら、
殴り殺して歩いていました。私たちの所へも来ました。
その人の棒で、母は二回打たれ、血まみれでくずれました。弟は一打でまいりました。
私も頭の上を打たれました」

↑この金城が戦後、「軍の命令だった」などと言い出すわけです。

105 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:10:17 ID:4qbfHli+0
道具を貸したからって、死ねと願ったわけではない。

サヨクは内ゲバ虐殺が好きだから、自分たちの基準で世の中を判断してて、困るねえ。

106 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:11:33 ID:JnmMGrxq0
ネットウヨらしい反応だね

107 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:11:55 ID:EEFekV/k0
>>99
これしきで嫌いになるなど、端から好きじゃなかった証拠。

108 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:12:44 ID:bd7hatC+0
なんとも無難な言葉の選び方したなぁ〜

109 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:12:49 ID:AkIyuwfe0
ニューギニア戦線でのマッカーサー指揮下の第四十一師団は、
「捕虜を取らない」つまり武器を捨て両手を上に挙げて降伏しようとする日本兵や、
既に降伏した日本兵を殺するので有名だった。

日本軍も負傷兵や捕虜に対する連合国側の殺害に関する情報をつかんでいて、
戦時中の日本からの対米宣伝放送(東京ローズ)では、第四十一師団のことを
「屠殺者、Slaughterer」と呼んでいた。

終戦直後ある米陸軍大尉が公表した記事には、第四十一師団、捕虜を取らず
という堂々たる見出しが付けられていた。
この師団が例外的に日本兵を捕虜にしたのは、軍事情報の収集のために
捕虜が必要な場合だけであった。

容赦なき戦争、副題太平洋戦争における人種差別、
カリフォルニア大学教授ジョン・ダワー著


110 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:13:33 ID:FSTS/lgx0
軍人ですら自決に躊躇するのに
一般人に対して自決命令なんか軍のトップが出すわけ無い。
そんな達成される見込みの薄い命令を暗号文で出す暇があったら、
もっと別の有意義な命令を出してる。


111 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:14:45 ID:JnmMGrxq0
>もっと別の有意義な命令を出してる
それが出来てたら日本は勝ってるよ:p

112 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:14:55 ID:+M0HQ76K0
軍部のかわいがりがまったくなかったとは誰も思っていない

113 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:15:43 ID:aArGYrZLO
までももしこれが関東や関西の出来事で、親戚の多くがスパイ容疑で処刑や集団自決してたら、沖縄人みたいなトロイ抗議じゃすまないだろうな。

114 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:15:45 ID:EEFekV/k0
とうとうジョン・ダワーが来たか。
アメリカのリベラルはお友達ってか?

115 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:15:44 ID:AkIyuwfe0
764 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2006/08/30(水) 22:05:06 ID:qJezLQdp0
沖縄とは関係ないが、俺の爺さんは満州引き揚げ組。

「どうしようもなくなったら飲め」と言われて、変な薬を渡されたんだと。
で、飲まず食わずで歩き続け、バァさんが足を挫き、それを担いで山道を上り下りし、
ソ連軍が迫ってくるという話がドンドン真実味を帯びてきた。

「敵の慰み者にされるぐらいなら一緒に死にたい」とバァさんが言い、爺さんは
「皆さん、申し訳ありません。申し訳ありません。置いて行って下さい。
 私たちはもう歩けません。もう限界です。今まで本当にありがとうございました。
 皆さんが無事、日本に帰れることをお祈りいたします」
と、最後の別れを告げた爺さん&婆さんは、泣きながら薬を飲んだ。

そしたら一気に元気になったそうだ。・・・毒薬かと思ったらヒロポンだった、という話。
まぁ、ウチの爺さん婆さんは助かったが、こんな感じで、「自主的な自決」があったぐらいで、
わざわざ「全員死ね」という命令は出すワケが無いと思われ・・・


116 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:15:53 ID:7i0H+Xm80
「軍の命令があったか無かったか」が問題だったはずなのに、いつの間にかに
「軍の関与があったか無かったか」にすりかわってる件について。

「軍の関与があった」と認めさせたら、またなし崩し的に「軍の命令があった」
事に言い換えるんだろうな。

117 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:20:38 ID:JnmMGrxq0
なんでそんなに旧軍を擁護するんだ?
やはりマニアなんだろうな・・・・・w

118 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:21:51 ID:AkIyuwfe0
84 名前: 文責・名無しさん 投稿日: 2006/08/27(日) 14:46:04 ID:m5IMXggb
「戦陣訓」なんてそんなたいした影響力持って無かったらしいけどな。
当時陸軍に召集されて出征していた故・司馬遼太郎だって当時を振り返って
「そういうものがあることは知ってたが内容までは知らなかった」
というような内容の言葉を残してる。
そんなモノより実際に多くの人を自決に走らせた動機としては、当時の日本人が
持っていた、ヨーロッパ諸国の覇権主義や共産主義に対する危機感のほうが
大きかった。


119 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:23:34 ID:EEFekV/k0
斉藤中将に失礼なことを抜かす奴らばかりだな。

120 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:24:36 ID:I6UBxSpM0
命令は無かったけど、住民が空気読み過ぎちゃったって話だろ?

121 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:28:25 ID:t/yqTxTN0
はいはい沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会最新情報ですよ〜
http://blog.zaq.ne.jp/osjes/

http://blog.zaq.ne.jp/osjes/article/22/

嘘吐き琉球人涙目wwwwwwwwwwwww

122 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:28:38 ID:RKoHzeWG0
殺して回った奴が、戦後に軍の責任にしてるだけ。

123 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:30:52 ID:z/fonXQn0
ネチョウヨの妄想歴史も行き過ぎた感があったし、当然の見解だな。

124 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:31:13 ID:EEFekV/k0
>>121
左翼のなれの果ては悲しいものだ。

125 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:31:56 ID:JnmMGrxq0
ネットウヨは沖縄嫌いなんだね
だったら外国にあげれば?

126 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:33:00 ID:on8hpwxe0
>>120
そう思わせるような教育をした責任はあるよ
米軍の捕虜になって生き延びた人からすると騙されたとしか思えなかっただろうし

「一部の軍人の暴走」とやらも現地の人にとってみればそれが暴走か軍命かだなんて区別つかないし、一緒だ。

127 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:34:47 ID:XtQJtXTX0
>>120
あれだな。
誰もサービス残業なんて命令していないけど
勝手に残業して過労死したんだから企業は悪くない、ってやつだな。

128 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:35:37 ID:t/yqTxTN0
>>125
逆だろ日本が嫌いなら朝鮮にでも移住してしてください

129 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:38:21 ID:IXKNgMT60
>旧日本軍の関与はあった
>との認識を示した。


曲解すんなよw

130 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:38:31 ID:oba4sJCY0
やっぱい本土の人とは感覚が違うな。

今は歴史問題で中国、韓国と連携に動いても
今の状況では沖縄の保守も賛成する勢いだものな
これが反日、反米に結びついたら面白いことになるかもね。

まあ、国内にわざわざ歴史問題を作って
左翼の食い扶持増やすとは、文部省も左翼に乗っ取られたのか。
つーか、ちゃんと宣伝工作考えなかったんだろうな

131 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:41:17 ID:2aqXj02E0
>その際に軍部のかかわりがまったくなかったとは誰も思っていない」と述べ、
これは別に変じゃない。しかし、

>旧日本軍の関与はあったとの認識を示した。
これ、変じゃないか?これは記者の勝手な解釈だろ?

132 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:42:06 ID:OCMHItfX0
>>54
そういうことだな。いつもイデオロギーが食い物にするだけ。
真実が明らかにされることはない。

133 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:43:01 ID:EEFekV/k0
福田がやり方の稚拙さを漏らしたのもうなずける。

134 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:44:11 ID:LEnsl46bO
>>121
なんでこんな重要な事マスゴミは報道しないんだ?

これじゃ教科書から消えて当たり前だろ

捏造最低だな

135 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:44:45 ID:HsdXM7B80
      llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
   lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
  llllllllllllllllll llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
  llllllllllllllll   ' ̄ ̄llllllllllllllllllllllllll
  lllllllllllllll          llllllllllllll
 llllllllllllI,   /  ‖ \   lllllllll
  Illlll,   / /)  (\\   lll
  丶,I /./● I  I ●\\ i'i
   I │  // │ │ \_ゝ │ I  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ヽ I    /│  │ヽ    I/ <
    │   ノ (___) ヽ  │  | だから教育は大切なんです
    │    I    I     │   | 戦後レジームから
     i    ├── ┤   │   | はやく抜け出そうぜ
     \  /   ̄  ヽ  ,/    |
       ヽ__     'ノ      \________________


136 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:46:40 ID:fuwzxJ8G0
軍事費削減

137 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:46:58 ID:yTA6OAmr0
>>127
いや、残業死だと企業から企業年金がもらえるんだよ。
だから、みんな「残業した」「残業した」と言い出した。

138 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:47:00 ID:JnmMGrxq0
早く軍隊もちたいからね

つまんないオチ

139 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:47:41 ID:0GgfJoxZ0
ていうか住民が手榴弾持ってたんだから軍ガ関与してたのは当たり前なんじゃ?
軍が関与せずにどうやって手榴弾入手するんだ? 要はそれで集団自殺したことが軍の強制だったかどうか だろ
また議論のすり替えですり抜けようとしてるな

140 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:47:59 ID:uFUnaF+b0
>>121
大江健三郎と言い、大田良博といい、金城重明といい、軍命令があったと
主張する方の側の人間は、どうしてどいつもこいつも、こうも品性下劣なんだ。

昭和20年3月に渡嘉敷島でなにが起こったのか、なにが真実だったのか、
余計にわけがわからなくなってきているじゃないか。



141 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:48:52 ID:DWerF6at0
兵隊がその場の判断で自決を強要した ということは受け入れるが
軍の作戦として自決を強要した ということは受け入れられない たったこれだけのことだろ

142 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:49:09 ID:YwfTzc0h0
警察官が上層部の方針の拡大解釈や、雰囲気の拡大解釈や慣例で
悪さしたらやっぱ警察の責任は問われるだろうねってことだろ

143 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:50:06 ID:EEFekV/k0
その島々を小馬鹿にしたような歌を詠む曽野も品性が良いとは思えんが。

144 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:50:15 ID:fpimY1hj0
>>140
>>余計にわけがわからなくなってきているじゃないか。
ソレが狙いだろ。論点をずらし曖昧な結果に終わらせようというのが連中の思惑じゃない?

145 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:51:36 ID:YwfTzc0h0
>>141
上層部レベルと末端との間の暗黙の了解がどの程度あったのかが正直よくわからん
上層部直接的な命令はなかったってが末端が実質的な強制を行った例が多くあった
のは言えるんだろうけどそれが関与がなかったといえるのかどうかが難しいんだろうね

146 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:52:04 ID:84zLgzBeO
自決を強要したケースもあるし、自発的に自決したケースもあるだろう。

147 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:55:48 ID:DWerF6at0
あと大きいのが民間人入り乱れての地上戦はこれとサイパンぐらいしかないからな
樺太はほとんど避難したし。 これが本土でもあったら、展開は変わっているはず

148 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 22:56:57 ID:24p3nPia0
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~ttakayam/beigunzangyaku.htm
米軍は捕虜を虐殺していたから、
統計上は日本軍の捕虜は少なく見えて、玉砕したと思われてるけど、
実際は投降して虐殺した捕虜を戦死にカウントしただけ。
こういう噂が流れていたから、かなり高い確率で市民自らの自殺だと思う。
沖縄にはバンザイ岬とかもあるし。

149 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:00:39 ID:h/fJE3Wx0
敵兵に捕まったらどうなるかちゃんと民衆に知らせなかった
報道機関は問題にならないんですか?

150 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:02:23 ID:JnmMGrxq0
大本営発表だけでどうすんの?

151 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:03:23 ID:2aqXj02E0
なんだかよく分からないから、もう無かったでいいじゃん。

152 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:05:44 ID:t/yqTxTN0
>>151
実際そっちの方が有力説なんだけどね

マスゴミのせいで信憑性薄いあった説だけが表に出てくる

153 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:07:03 ID:XtQJtXTX0
>>137
企業がサビ残を命じる文章なんて作るわけないし、
要するに勝手に残業して過労死したわけか。
そして金のために「企業がザビ残を強制したから過労死した」と嘘をついているんだな。
日本にそんなサビ残なんてあるわけないから。
だってそんな文書無いんだから・・・ってこと?

154 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:07:20 ID:JnmMGrxq0
1個でもあったら、あるだろ

155 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:07:30 ID:xZ8MptWx0
2ちゃん脳という病気に冒されると日本軍による数々の残虐な犯罪など
過去の負の歴史をは一切無かったかのように錯覚してしまうようになるのだという
恐ろしい病気だ

【2ちゃん脳】

主に2ちゃんねるに在中する思想が極端に右に偏った人々、またその症状
社会にうまく馴染めず、ネットに深く依存する人間が陥り易い
自分には持つことのできない自尊心を自国に求め、それを主張することで自らの
自尊心さえも保たれているように錯覚、現実社会では得ることのできない満足感に浸る
社会との繋がりが薄いため情報元をネットに頼り実際の社会との
ギャップにも中々気付きにくいため偏った思想が増長されていく

この定義に当てはまる人間のよくある特徴

・とにかく、韓国や中国、北朝鮮のことが気になる
・韓国、中国、北朝鮮のニューススレを頻繁に読み、書き込む
・韓国、中国、北朝鮮の話題なんて出てないのに、唐突に話題に出してくる
・ニートでヒキコモリが多いのか24時間誰かが活動している

156 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:09:52 ID:9X/99QFu0
旧日本軍が聖者の軍隊だと、自分でも信じていないことをおお声で喚くネトウヨが集うスレはここでしたかw

157 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:10:15 ID:nJxUTLAB0
>>148
日本軍が捕虜となるなら自決しろってのは、捕虜になるほうが余程ひどい殺され方を
するからだったと読んだことあるぞ。
中国あたりで飛行機墜落で脱出したパイロットなんて、顔の造作を全て切り取られ、
四肢を切り取られ、小さな箱に詰め込まれてでも死なせてもらえなかった。

でも学校では「日本軍は残虐だった」と教えられたな。

沖縄では戦後、軍の強制による自決としなくては遺族年金が出なかったんだよ。
だから、そう記録を改ざんしたんでしょ。
そのせいで、赤松さんは筆舌に尽くせなくくらいに苦労したらしい。
曽野綾子「生贄の島」にあります。曽野氏は家永裁判でも証言した。
「自分が取材した限りでは、軍による強制は無かった」

158 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:11:23 ID:3ebwIEKo0
軍のかわいがりに見えた・


159 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:11:33 ID:KQLP6pRp0
米軍を憎めばいいのに、日本人を憎むってどういう脳の構造しているん
だろうね。

160 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:11:48 ID:LEnsl46bO
>>155
コピペはいいからまともに反論してみろよ
なんでも日本のせいにしてりゃいいって訳でもないことに気づけ

161 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:12:05 ID:mRJTadulO
>>153
それを『軍の命令』とするのは無理がある


162 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:12:13 ID:sPGy1GIa0
「町村、おまえもか」

163 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:12:23 ID:JnmMGrxq0
犯罪者が言い訳してもねぇw

164 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:14:17 ID:rgZaBzVdO
なんとも言えない回答だよな、戦争で軍が関与したのは当たり前のことだし。

165 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:14:44 ID:XtQJtXTX0
>>161
だから過労死しても企業は悪くないんでしょ?
「企業の命令」でサビ残してるんじゃなくあくまで「自発的に」残業しているはずなんだから。

166 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:15:23 ID:2aqXj02E0
>>162
>>1をよく読んでみ。
クソなのは記者の解釈。

167 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:16:34 ID:JnmMGrxq0
>>159
へー軍人を憎まないんだすごいね
軍人さんに責任ないよねw

168 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:18:32 ID:kMXF9dJk0
警視庁警察官が女性を拳銃で殺害→拳銃を渡したのは警視庁だからこの犯罪には警視庁の関与があった
朝日新聞拡販員が女性を暴行→暴行したのは朝日新聞の拡販員だから朝日新聞の指示が無いと暴行にまで及ぶはずが無い



沖縄で騒いでいる連中の主張を通すと、こんな解釈だって可能になってしまう

169 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:19:11 ID:uFUnaF+b0
>>143
曽野の著書に問題点はあるが、歴史の闇を明らかにしようと奔走していただけマシ。
重要なのは品性よりも真実だ。それが二転三転している金城重明は一体何なのだ?

真実を知りたいと望み追い求める事が右翼だと言われるのならば、別に構わん。
そもそも本来、この手の問題の議論にあたっては右翼も左翼も関係ない筈だがね。
・・・と、ここは2chだったな。

>>145
そこなんだよな。末端がトチ狂って民間人を処刑した、あるいは自殺を強要した。
これは十分あり得る。軍の関与というのであれば、これはそれに相当するだろう。

ただし、正式な軍の命令となると、どこまでが正式な軍の命令に当たるのか。
これが人それぞれ解釈がバラバラだからな。このスレでもバラバラだし。

これで供述や証言が二転三転するような事になってくると、もうどうしようもない。

いずれにせよ、軍の強制が・・・などという、議論も百出し結論も出そうにない事を
教科書に載せるべきではない。事実の記述だけで十分だ。


170 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:20:33 ID:kMXF9dJk0
>>169
軍関与ということにしておかないと、金城重明氏はただの人殺しということになってしまうからな

171 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:24:36 ID:XtQJtXTX0
>>141
それって富山県警の巡査が無辜の市民を冤罪で有罪にしたけど
それは警察庁にはまったく責任はありません、ってことか。
巡査が市民を射殺した事件もあったな。
当然警察庁は無関係でOKと。

172 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:33:24 ID:GLieVFGd0
__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-


                          /⌒ヽ   _,,-''"
                       _  ,(^ω^ ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ

こうして再び世界に平和が訪れた。

173 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:52:26 ID:B+5QvfRg0
軍令の証拠が出たのか?

174 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:57:00 ID:XpqbBpPaO
>>171
その例だと、警察庁が富山県警に違法捜査を指示した事実があったか否か、というふうになる
あなたのは例えとしては不適切

175 名前:名無しさん@八周年:2007/09/28(金) 23:58:21 ID:OPuwApPd0
日本の教会は天皇家と日本人を誹謗する公然秘密集会所みたいなものだし
牧師の金城さんも自分の負い目から逃れる為に、TVや新聞や教会の影響力で
記憶を繰り返し補正して軍命令を創作しちゃったかもね。

金城さん自身だけには既に真実の記憶なのだが、現実世界ではそんな事実は
存在しなかったと云うドラマや小説みたいな現実が待っていたりするかも。


176 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:00:50 ID:av9fvO1J0
軍人の関与はあっただろうからなー。
だから難しい。現地の人にとっちゃどっちでも一緒だ!って話だろーし

177 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:04:02 ID:++QZgjKC0
>>176
関与、命令、強制、どれも人それぞれ定義がバラバラ。
それがこの問題をややこしくしている一因なんだよねえ・・・

178 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:04:13 ID:akoLkXsm0
>>174
その警官は組織の後ろ盾がなく
個人の力で冤罪にできるんですか?
あくまで「警察」という組織の力があるから
無実の人間を犯罪者に仕立て上げることができるんでしょう?
だったらその組織の責任を問うのは当たり前ではないでしょうか?

179 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:04:54 ID:EH87q3FM0
>>103
それってウヨが大っ嫌いな証拠無しのただの証言じゃん??

180 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:07:06 ID:nEwXoGXy0
>>179
サヨが大好きな証拠なしの証言でもあるw

181 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:11:52 ID:B6hNYNtm0
っていうか、軍命なんて教わった記憶は無いなぁ。

ひめゆりにしろ、純潔を、誇りを守るための自決とか言ってなかったけ?
軍命だったんだ? 沖縄人に騙されたわw

182 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:13:35 ID:EH87q3FM0
結局あの時代に証言じゃなく、証拠を求めるのは不毛ってことか。
それなのに証拠、証拠とうっせー奴いるよな。

183 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:14:25 ID:0qci1Z1X0
ゴー宣・暫 第2巻
「萎えしぼんだナショナリズムに喝!」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4093890226/

慰安婦非難決議
原爆投下
格差批判など

原爆資料館の展示見直しの話は、元々2ちゃんが火をつけたものだろう


184 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:14:50 ID:HoonQI3e0
売国内閣早く解散しろ馬鹿

185 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:16:22 ID:B6hNYNtm0
>>182
自決があった事実は事実として、軍命か否か?ってそんなに重要なんか?
っていうか、自主的な自決なら尊敬もするが、軍命で自決じゃ正直、ふーん?
ってな感じだな。

むしろ、何で今頃になって「軍命」「軍命」言ってるのか理解出来ない。
国家補償請求の布石なの?

186 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:19:51 ID:KEj3L9IJ0
>>183
そうだね、2chのネットウヨが悪い

187 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:20:17 ID:1mmVq/pj0
自決があったことだけが確実なことで
軍の関与となるとあったともなかったとも言えないからな。
それこそ60年も前のことじゃ確証も掴めないし。

188 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:22:09 ID:av9fvO1J0
>>185
軍の命令で自決させたとなれば、住民保護する気なしって事になっちゃうね。そりゃ問題だろうよ

189 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:22:53 ID:mi4XQ7WC0
なんでこんなことわざわざ持ち出して、それをまたニュースにするかな。

190 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:23:56 ID:nSo6PvH70
>>185
・戦傷病者戦没者遺族等援護法適用のために軍の命令があったとでっちあげた
・集団自決は家族に手を掛けるという凄惨な現場。金城重明も家族に手を掛けた。そういう連中にとって「軍命令の存在」が唯一の免罪符

191 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:24:14 ID:OaCjgAxL0
本土の人間は沖縄に酷い事をしたと思っていてほしいんだろ
ほんとチョンと変わらんな・・・

192 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:24:48 ID:B6hNYNtm0
>>188
生きて捕虜の辱めを 何て言ってた時代だぜ?
軍命に背いて殺された人でも居るん?

どうにも現在の価値観での引き直しだと思うんだけど。

193 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:24:50 ID:Tfw0NFcR0
こういう連中が法曹界に入ってくると大東亜戦争関連の裁判は極めて混沌としたものになる可能性がある。
由々しき事態だ。

朝大法律学科1期生 新司法試験に合格
ttp://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/03/0703j0919-00001.htm
創設から9年目の快挙
金敏寛さん(左)と「明玉さん

 同胞の生活と権利を擁護する法律専門家や専門知識を持った活動家を養成するた
め、朝鮮大学校(東京都小平市)政治経済学部に法律学科が創設(1999年)され
て8年、1期生の金敏寛さん(26、成蹊大学法科大学院修了)と「明玉さん(26、南
山大学法科大学院修了)が新司法試験に合格した。13日に合格発表があった。法律
学科卒業生の新司法試験合格は初めて。

194 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:25:15 ID:EH87q3FM0
>>185
死ぬことを強制させられていたってことを言いたいんじゃないかな?多分。

今のところ派手な国家請求は無いと思う。朝鮮・韓国人と違ってね。
仮に集団自決の国の関与が事実だったとして、事実をちゃんと残して欲しいっていうのが
本質じゃないですか?


195 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:25:45 ID:jhAkuRcqO
>>185
その時代を知らないから勝手なことを言う。 当時は北朝鮮と同じだったから今のように自由ではなかった。自由過ぎて拉致家族の子供達をみていい子に育ててくれてありがとうと思うくらい、今の日本は乱れている。

196 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:25:57 ID:nSo6PvH70
>>188
軍の命令で自決なのに、なぜか生き残っている人間がいるのもおかしな話だが

197 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:27:23 ID:mknYPQ4X0
左翼のアホへ質問

どうやって「自決」を強制するの??

住民の方が人数多いんだよ?

銃で脅すの??見張るの??

「自決しろ」
「はいわかりました」

ってアホかw

集団自決するには、それまでのなんらかの精神的風土や土壌が無いと
無理だろw

198 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:28:13 ID:++QZgjKC0
>>178
その例えならば、警察組織と警官と容疑者の3者だけで話が終わる。

集団自決の件では、それに相当するのは軍組織、現場の兵士、民間人の3者だろうが、
ここに海をも埋め尽くす大群で侵攻してきたアメリカ軍も入れないとダメだろう。戦争なんだぞ。

このアメリカ軍自身が猛攻撃をしかけてきたのだ。沖縄戦の犠牲者の大多数はアメリカ軍のしわざだ。
そして、軍組織と現場の兵士の連絡系統は、激戦の中機能していない事も十分あり得る。
こんな状態では、平時の警察組織の不祥事の例が当てはまるわけがない。

君の例は前提が全く異なる、前提が異なるから結論も異なる。
よって、何の教訓にも参考にもならない。

>>185
集団自決は軍命令がなければならなかった。そうでないと都合の悪い立場のものがいた。
それに尽きるだろうな。ただ、なんども強調するが、命令・関与・強制の捉え方は人それぞれバラバラだ。

>>191
集団自決があった事実だけでも、真っ当な本土の人間は同情し思いを馳せ、何かを感じ取ってくれる。

その善意に付け込み、真実を歪め、死者も生存者も冒涜し、己の利権と名声だけしか考えない、
一部の心無い不届き者の存在が許せないだけだ。


199 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:28:39 ID:nSo6PvH70
>>194
軍命令を証明するものは住民の証言しかない
命令を出したとされている隊長はどちらも命令の存在を否定している
また全ての住民が軍命令を肯定しているわけではない
軍命令を否定する住民もいる(金城武徳氏がその代表格)


つまり関与そのものが揺らいでいる(事実で無い可能性がある)ものを教科書にずっと掲載させようというのが今回の沖縄の問題

200 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:34:25 ID:B6hNYNtm0
>>194
あの時代であれば、殆どの国民はある意味「死ぬ事を強制させられてた」んじゃない?
史実に事実として残すには、事実の証明が必要だとは思うんだけど。
朝鮮半島の如く、ころころ変わる歴史ならいざ知らず。

自決という選択を迫られる凄惨な状況下に、沖縄は置かれた。
という事実があれば、それは軍命だろうが社会的風潮だろうが変わらん事だと思うけど?
なぜ確定的証拠も無い「軍命」に、今頃になって拘るのか理解できんわ。
漏れは、軍命だと教育された覚えは無いな。
戦時下の凄惨な出来事に比べれば、瑣末な事だと思うし。

201 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:39:23 ID:LIBbL49Z0
集団自決に軍人(軍部ではない)が全く関わっていなかったとは誰も言えないだろう。
だがそれが大本営等軍部及び日本政府主導によるものか
それとも一部軍人の独断専行による戦争犯罪であったかは大きな違いである。

202 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:40:05 ID:av9fvO1J0
>>192
「米軍につかまったらレイプされて殺されるから自決」これが住民保護になるって事?

203 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:40:09 ID:HpLPTvk80
>>197
兵隊は銃持ってるけど?

204 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:42:48 ID:isS2/yo/O
愛国者は命令通りしんでそうでないヤツが生き残ったんだからこうなるのは当然か。まあ当時の、今で言う2ちゃんねらーみたいな馬鹿な兵士が自殺を強要したんじゃね?司令部は強要してないにしろ

205 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:43:38 ID:B6hNYNtm0
>>202
それが軍命だったと?

206 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:44:53 ID:PqOW8zoJ0
まあ軍人も怖かったんだろ

住民と一緒に天国にでも・・・・

207 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:46:28 ID:Tfw0NFcR0
今の沖縄県民より当時の人のほうが誇りも有ったし貞操観念もあった。
現実的な問題として、米軍は南方各地で捕虜に対する虐待・虐殺・邦人に対する強姦などを繰り返しており、当時の沖縄県民が同じ目に合わされると考えてもおかしくないというか、同じ目に合うと考えるのが普通だと思うだが。
そして、占領後の沖縄では強盗強姦アイランドだったではないか。

左翼の人ってなんで多角的にその時代背景や情勢を見渡して論じることができないのだろうか。
日本軍絶対悪という結論ありきで、その結論と違うものは全く聞く耳を持たずに排除する姿勢は右派闘争のようで気持ち悪い。

208 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:46:56 ID:lvvU3Cd7O
アメリカが攻めて来たのが原因。終了。

209 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:48:25 ID:B6hNYNtm0
「一億玉砕総火の玉だ!」

も、集団自決の軍命に成るとですか? アテクシには理解できませんが。
新聞類には軍部の検閲が必須だったとは思われるが、それを以って軍命
と言ってしまうのは、いささか・・・

210 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:48:34 ID:nOP9dFcU0
>>185
>むしろ、何で今頃になって「軍命」「軍命」言ってるのか理解出来ない。
逆だ。
今頃になって「軍命はなかった」と言い出す輩がいる。
まるで、証言者の多くが亡くなるのを待っていたように。


211 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:48:50 ID:av9fvO1J0
>>205
いやだからさ、軍命で自決を強要したら問題だろ?って話じゃない。
軍隊が自決を強要したとすると、それって住民保護になるのか、と。

実際あったかどうかの話じゃないんだけど

212 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:49:39 ID:3ebud6Bp0
>>195
一つ覚えの日帝のせいが出たw
書いてる事の矛盾も日本と北朝鮮を同じと断ずる事も、その時代を実は知らない
しったかに見えてしまうなあ。

213 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:51:10 ID:B6hNYNtm0
>>211
軍命で自決強要 が問題無いとは言った覚えが無いが?

実際あったかどうかの話ですけど。

214 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:51:53 ID:Y9lPcqjrO
>>210
そう、遺族年金受け取るものが少なくなり
本音が言えるようになった

215 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:52:23 ID:envI9Sgb0
何でも昔の日本の責任にするだけで、調査して事実を世界に説明するのを
面倒に思っている奴が多い
その手抜きが日本を窮地に追い込むことを学習して欲しい
現状の資料など証拠による事実を説明する責任がある
証拠も無いことをはいはいと聞き入るのは努力していないと思う

216 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:53:26 ID:PqOW8zoJ0
>>209
意味不明

217 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:53:34 ID:B6hNYNtm0
>>210
さすがに昔の教科書は持ってないけどw、ひめゆりの塔とかの説明書きも
「軍命」なんて書いてあったっけ?w さっぱり記憶に無いけど。

218 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:53:58 ID:C7IFvAW+O
村山談話、河野談話に続いて、悪しき前例として町村談話が永遠に残ると!



219 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:54:06 ID:EH87q3FM0
>>200
今の価値観がどうのじゃなくて、これから先そういう事が無いようにとあの人達
は訴えてる。それが正しいのかどうかは俺には分からない。
事実の証明は絶対に必要だけど、時代が時代だから、証拠が証言に限ってしまう場合が
多い。そればっかり求めていたら事実が薄れていくこともあるんじゃないかな。

国家請求を求めているわけではないし、30万、40万と推定犠牲者を増やしているわけでもない。



220 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:54:34 ID:lvvU3Cd7O
>>210
証言以外の証拠があれば、何人死んでも問題ないよねw

221 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:55:09 ID:ri1YMigPO
サヨクってのはコトバの切り貼りがお手芸だから発言に気を付けないと

222 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:55:38 ID:LIBbL49Z0
軍命であった場合、命令を出した人間の精神状態が問題になるな。
戦争という極限状況にあって果たしてまともな精神状態を保っていられたかどうか・・・。
もし心神喪失状態で出された命令であるなら、現在の刑法では
責任能力を追求することはできないので無罪とするより他にない。

223 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:56:34 ID:9WgjC7Ng0
この集団自決の件は今更証明できるかどうか疑問だが
この発言は拡大解釈されそうだな

224 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:56:36 ID:7JP/J+6j0

「ミャンマー:長井さん、至近距離から兵士に撃たれた可能性」
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20070928k0000e030059000c.html

ネットウヨはこうゆう記事には怒らんのか?

225 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:56:52 ID:Ih928n3N0
さっそく始まりましたよ

売国セール拡大中!

226 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:56:56 ID:J6OlMfXzO
>>215
調査も何も、軍に強制されたっていう証言が多数あるんだから。

227 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:57:02 ID:B6hNYNtm0
>>219
そら、自決という決断を迫られた惨事 が無いようにという事かと。

「軍命云々」はまた、ベクトルが少々違うんで無いのか?
「軍命」じゃなければ、自決を迫られるような世論とかはOKと?

おかしいと言ってるのはそういう事です。

228 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:57:10 ID:av9fvO1J0
>>213
>>185で軍命か否かが重要なのか?って言ってるからさ
もし軍命なら大問題でしょう・・・という事なんだけど

実際あったかどうかは別としてね。

229 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:58:41 ID:Ea4Q+Jm00
>>222
争点は軍命があったかどうかという事実のみであって
旧軍関係者の責任を追及するべきかどうかじゃないので精神状態なんてまったく問題にならない。

230 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 00:59:16 ID:vzYJhtwM0
まあそんな軍部に解体を命じられなかったどころか互いに利用しあう関係だった糞機関が
21世紀の今もなお現役で活動しているというのだから近現代史は奥が深い。

231 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:00:39 ID:Y9lPcqjrO
>>226
軍に自決強要されたはずの人がそんな大勢生き残ってる
何故そこに疑問を持たないの?

232 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:01:15 ID:nSo6PvH70
>>226
「強制された」t断言できる証言は一つも無い
いずれの場合も「あったと思う」「あったはずだ」という推定レベルでしか証言できていない

命令聞いてるのならば「あった」と断言できるはずなのにそれをしたものはいない

233 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:02:28 ID:B6hNYNtm0
>>228
重ねるが、軍命なら問題だとは思いますけどね。
要は何が重要な論点なのかという事。

「自決軍命」が下された事なのか、自決という決断を迫られる状況下に置かれた事なのか。

まぁどちらも自決を迫られた事に変わりは無いと。
仮に自主的自決なら記載されなくても黙ってるんかい?って事。

234 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:06:37 ID:p1v4PTWv0
別に軍人のせいでいいだろ
誰も文句言わないし

235 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:08:50 ID:nPgf5SNO0
ネトウヨはなんで、詭弁を弄してまで日本軍の犯罪性を薄めようと努力するの?
ほんとはわかってるんだろう?
日本軍の意思なしに住民が勝手に集団自殺するわけないってことくらい。

236 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:09:39 ID:+T6FlN5xO
まあ実際、強制命令がどうだろうと
当時「捕まるくらいなら死ね」と教育したのは国であり軍だったわけだから
告示無しの削除は抗議されても仕方があるまい

237 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:14:35 ID:B6hNYNtm0
>>235
新聞検閲とか行ってたんだから、それは否定できないとして(新聞社が煽ったという噂もw)
「軍命」云々は史実と主張するならば、それなりの証拠が無けりゃならない。

「軍命」の削除を以って、沖縄の惨事とそれを招いた軍部の責をを否定するものではない。
っつー事だと思うけど?>>1 何が不満なんだか?

238 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:15:41 ID:LIBbL49Z0
歴史認識とやらを笠に着て強請たかりを働くゴミクズがいなくならないかぎり
事実は厳正な証拠のみをもって認定しなければならない。

239 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:18:34 ID:p1v4PTWv0
終戦時にみんな始末した

240 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:21:03 ID:HvndpQfG0
マスコミは発言の一部を都合よく切り取るのやめろよ

241 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:21:57 ID:Rzc3OAd7O
鬼畜米英と徹底的に恐怖を植え付けた当時のマスゴミが悪いな。
米軍に生き地獄を味合わされると思うなら、そりゃ自決した方がいいと思うわな。

その辺の反省を一度も見た事ないんだが?
ねぇマスゴミの人。

242 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:22:28 ID:B6hNYNtm0
始末ねぇ。

「命令」には当然に、背いた場合の「処罰規定」があるはずだよね。
で、そういうお馬鹿さんが居たのなら、「新聞等」を使って告知する
事により遂行率/統制率を高める事が出来る訳だ。

で、とっ捕まった人でも居たんかね?
毎日新聞の書庫でも漁ったらどうだ?それすら消されたか?>>1

243 名前:かまたぶさすけ氏ね:2007/09/29(土) 01:28:54 ID:UsmxQJk30
つーか>>1
>旧日本軍の関与はあったとの認識を示した。
ってのは完全に売日震焚の主観だろ。
人の言葉なんて、てめーの都合の良いように
どうとでも切り張りして加工して印象操作の道具にできるんだからよ。

>その際に軍部のかかわりがまったくなかったとは誰も思っていない
この部分は、取り様によっては「沖縄の連中が勝手に思い込んでるだけだろ、毛ッ」
と言ってるようにも取れるわけだ。極端に解釈すれば。

しかし町村も余計なこと言うなよな。
馬鹿マスゴミに都合の良いようにアサヒられるのは判ってるだろうによ。

244 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:28:54 ID:09959Xmw0
まあ軍人は卑怯者だからね
証拠なんて残さないだろw

245 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:35:03 ID:tkAALhYg0
つーか、普通に考えて軍部関係なしでいきなり集団自決するとか有り得んわけだが。

246 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:40:05 ID:kxFkGtoA0
やっぱこの人はきちんとバランスのとれたこと言えるから好感持てるわ。
ネット右翼とはやっぱ違うねww

247 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:41:14 ID:B6hNYNtm0
報道も軍のコントロール下にあったと言えば、軍の関与にはなるだろうし。
だがしかし、果たして軍の要求事項のみを載せていたんだろうかね?w
歓心を引こうと画策する人間も当然に居ただろうな。 今の売国新聞共よろしく。

そこにほっかむりして、全部軍部の責任。 そりゃ、マスゴミも担ぐわなw
アホらし

248 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:44:20 ID:YO0Cc6810
とにかく軍は悪くないって言いたいだけ?
意味ないでしょ

陸軍が悪いでいいじゃん
ネットウヨは本当にめんどくさいな

249 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:44:54 ID:+T6FlN5xO
>>238
外敵と沖縄を一緒くたにするのはいかんだろう
本土決戦の前哨戦として島民1/4死なせている

軍の関与を否定したいのなら、必要以上に騒がずそのままにしていれば
そう遠くない未来に風化しただろうに
いきなり消そうとするから余計騒がれる・・・と嫌味を一つ

250 名前:かまたぶさすけ氏ね:2007/09/29(土) 01:52:44 ID:UsmxQJk30
>>248
とにかく軍が悪いって言いたいだけ?
意味ないでしょ。

自分たち乞食で利権ジャーで金が欲しいでいいじゃん。
クソサヨは本当にめんどくさいな。

ついでに、句読点はきちんと使え。在日かよ禿。

251 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 01:53:00 ID:og1hA5NE0
関与って言葉を変えたほうがいいな。すぐに軍命と結び付けたがる奴がいるから。

相関関係にしてくれよ。沖縄:軍 だけじゃないんだから。

軍命なしで自決した人は日本中にたくさんいる。

もっといえば軍と関係して人生が変わった人はたくさんいる。

252 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 02:07:20 ID:N0ytsEa70
アサヒる毎日
毎日アサヒる

253 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 02:11:00 ID:fNMrkPPS0
>>249
なんねえよ。
ならないどころか、ずっと利権の苗床になって俺達の税金がせびり取られるだけ。
下手すれば、海外に飛び火する。

254 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 02:23:30 ID:tkAALhYg0
これを従軍慰安婦問題と近いと見るか、
被爆者認定問題と近いと見るかで、だいぶ捉え方が異なるだろうな。

255 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 02:28:47 ID:UfHibsVc0
面白いよねぇ
軍命で住民殺して回った奴らがおめおめと生き残ってるなんて

256 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 03:07:46 ID:AwLthuRe0
自決強制どころか、投降しようとして、日本軍人に
殺されたと証言してる人もいるわけで。その場合
仮に事実だとすれば、全く次元の違う話になる。

257 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 03:10:27 ID:nSo6PvH70
>>256
お前の書き方はちょっと変だ

>日本軍人に殺されたと証言
何で殺された人間が証言できるわけ?

258 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 05:14:55 ID:Geqt5pFv0
>>257
勿論そういう目撃証言って事だろ。アホでも分かる

>>196でも似たような事言ってるけど
軍命があったとしても、住民全てを自決させるなんてのは物理的に不可能。証言が出てきてもおかしくないね

言葉遊びじゃねーんだよ。

259 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 06:41:14 ID:oTDmflfj0
>>253
ならねぇよ。
この問題でどうやったら金を引っ張ってこれるんだ。

260 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 07:59:20 ID:G0qhVzbz0
軍とかいうより玉砕とかいう美化語を作り出したマスゴミの責任は
どうなんだよ。

261 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 09:20:50 ID:VzEZ/Spz0
要はヨドバシカメラのメーカーからのヘルパーの件と一緒で
建前上は「お願いしますよ!」だけど、現場では口頭で強制される。
だから証言と公式文書が食い違っているんだろう

262 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 09:24:21 ID:gczejNOG0
>「そのときどきの政権の判断が入り込まない
>ような仕組みを作っている。政治の立場からものを言うべきではない」

政権の判断が入りまくってるじゃん。
政権が変わるたびに変更するのはめんどくさいから両方書いとけw

263 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 09:32:32 ID:wgJevB7U0
天皇陛下もA級戦犯クラスの大罪人だったけどGHQの占領統治に利用されたぐらいの事は言わないとな

264 名前:(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :2007/09/29(土) 10:19:30 ID:ttpnyK6M0

|政治は学問の自由を侵害しないっ!
.. ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ゲシ ゲシ
     ∧_∧  ̄= )  ∧__ ∧ドカ ドカ
..     (-○''○) = ̄)  (-@∀@)__
     (入 町. ⌒= ̄_)) ⊃⊃ /|
      ヾヽ  / ̄=/  /   /  |
      || ¬| ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄ ̄|
       ´  |      |   |      |    


265 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 10:34:19 ID:OWGPGDet0
あったとしてもなかったとしても
何をしたいのかわからない。

あったとしたら軍人の子孫をけなすのか
なかったとしたら証言者の子孫をけなすのか

「昔の人は大変だったんだな」でいいんじゃないの?
今をいっしょうけんめい生きなさい。

266 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 10:42:00 ID:LDmIpXAB0
>>265
あったとしたら、年金がまだしばらくもらえる、うまくいけば世襲利権化
なかったとしたら、名誉回復

まったく現代の現実的な問題
>今をいっしょうけんめい生きなさい。
そうやって誤魔化すなよw

267 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 11:11:26 ID:20crzWPl0
>>207
占領されたのは日本全体がそうじゃないの?
なんで「沖縄の人は米軍にヒドイ目に合うと考えて当然」で
東京はそう言う目にあわないと考えるのかねぇ

268 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 11:23:55 ID:eayBMWrI0
自決なんて、戦中戦後、内地・外地を問わず
日本中であったんですよ。
あんまり論議されないけど。
沖縄だけでこんなに大騒ぎ。

日本人慰安婦を置き去りにする慰安婦問題と同じ構造が見えますね。

269 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 11:28:13 ID:S91OoiSU0
で?

270 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 11:44:33 ID:20crzWPl0
>>209
ゆとり脳めw
「いざとなれば婦女子も竹槍で戦うべし」と訓示しても
本土決戦でそのような事態になれば二度と日本国は再建されないと理解してる

そのための早期講和を苦心してたんじゃねぇか

271 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 11:53:31 ID:4BVjcpbo0
町村を非難してるやつら正気かね?
生きて虜囚の辱めを受けずの精神を女子供まで徹底的に叩き込んだ時代だよ。
「集団自決は当然」という空気は上からつくられた訳で、そういう「空気」をさして「強いられた集団自決」というのならその通りとしかいいようがない。



272 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:02:44 ID:6iQZGKRP0
>>271
> 空気は上からつくられた

いやいやいやいや
それは当時の国民を舐めきってるんじゃないか?

273 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:04:14 ID:U9WFKRjAO
>>267
唯一の戦場、唯一の占領ってのがあるからじゃない?
1番被害を被ったという意識があるんだと思う

原爆は二カ所だし、空襲は各地だし

274 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:10:14 ID:4BVjcpbo0
>272
なめきってないよ
当時の時代状況を見る限り、
軍部が圧倒的な権力を背景に、ものすごいマスコミ対策をしたわけ。
膨大な機密費をつかって、マスコミ人士を飲ませ握らせ抱かせの接待攻勢、
反抗的なやつは民間右翼つかって脅迫。
そうやって空気を作っていったんだよ。
もちろん、なにもないところに「空気」は作れないよ。
大衆が持つ素朴な愛国心に火を付けるかたちであおりにあおったんだよ。

戦前日本は悪一色だったという左翼自虐もだめだけど、
上に述べたようなところをちゃんと見ないと、単純に戦前日本は良い国だった
という愛国保守オナニーになる。


275 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:13:48 ID:2SA5Lcsy0
>>273
占領されたのは日本全国、陸戦も沖縄に限った話じゃないっていつもの奴がくるだけだよ。

沖縄戦が(住民を巻き込んだ)陸戦で最大の被害を出したことは疑いようもないし、戦後も米軍統治下に置かれていた
事もあって、被害意識はしょうがない事だと思うんだけどね。

276 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:18:27 ID:XBTZZI3I0
うわっ、何言ってるんだ、町村。
こんな発言、アサヒってる連中が、好き放題にいじれる物言いじゃないか。
実際、>1の通り「軍部の関与があった」とか、既に表現をいじられちゃってるし。

277 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:21:31 ID:Aj+fRgnV0
「軍命」と「軍人個人の独断」は別だし、
そもそも軍人が指示した例があったかどうかも定かではない。



278 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:22:31 ID:O8JG1Byy0
ひぐらしのなんたらいうアニメはあの事件に関与があったというレヴェルですかね

279 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:22:44 ID:4BVjcpbo0
>275
> >>273

> 沖縄戦が(住民を巻き込んだ)陸戦で最大の被害を出したことは疑いようもないし、戦後も米軍統治下に置かれていた
> 事もあって、被害意識はしょうがない事だと思うんだけどね。

そういう沖縄の被害者意識をちゃんとくみ取れないで、愛国保守もへったくれもないんだけどな。





280 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:24:32 ID:4VvT/hNYO
>>277
全くだ
米兵の個人的な犯罪と、米軍が指示して行われた違法行為では全然問題が違う

281 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:28:32 ID:tFlmMZs30
◇扶桑社教科書の不採択運動 ”中核派”、深く関与

新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の
中学歴史・公民教科書の不採択運動で、過激派の中核派が
市民運動を偽装して深く関与していたことが、警察庁と
公安調査庁がそれぞれ公表した今年の「治安の回顧と展望」
「内外情勢の回顧と展望」で分かった。


警察庁は、扶桑社教科書採択阻止について、中核派が
(1)イラク問題
(2)「日の丸・君が代」問題
(3)東京都議選−の「三大闘争」と同等に重視したと分析。

「『つくる会の教科書採択に反対する杉並親の会』と共闘して、
市民運動を装いながら、杉並区役所の包囲行動、
同区教育委員会への抗議・申し入れ、傍聴等に取り組んだ」と記述した。


公安調査庁も、中核派が杉並区役所前で街頭宣伝や「人間の鎖」を行ったと
認定。教員に浸透を図る「教労(教育労働者)決戦」の一環として、
教職員組合や市民団体に対し、同派系大衆団体を前面に立てて
共同行動を呼びかけたと指摘している。

●また、卒業式・入学式での国旗掲揚・国歌斉唱反対運動についても
「都立高校の周囲に活動家を動員して、ビラ配りに取り組んだ」(警察庁)、
「東京をはじめ大阪、広島などでビラを配布した」(公安調査庁)などとして、
中核派の関与を明らかにしている。

ソース(産経新聞)http://www.sankei.co.jp/news/051227/sha024.htm

282 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:29:02 ID:rU7FD+bb0
こういう「部分的関与の承認」を意図的に拡大解釈するのがアカ売国の得意技。
徹底的に印象を刷り込んで、訂正には応じない。それが左翼の手口。
今回も同じ。

283 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:35:10 ID:2SA5Lcsy0
>>277
そんなの現地人にゃ区別つかなかったろう。
だから軍には全く責任がないとでも言いたげな態度で臨んだら、体験者や地元の人は当然反発するだろうね。

だから町村さんはこういう曖昧な表現をしているんじゃないですかね。

284 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:37:18 ID:6iQZGKRP0
>>274
左右論なんかどうでも良くて、
「軍部とマスコミが焚き付けたとしても、結果それを支持した国民の決断はどこへ行ってしまったのか?」
おれが気になるのはその一点。

ただただ上が作っただけと言い切ってしまったら、当時の国民をあまりに無視することになるとおれは考える。

285 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:38:55 ID:RD7Y/Smu0
在日のチョンと同じなんだよね。
一部の馬鹿が強制連行だと言い出したら
その口車に乗る馬鹿と、本気で信じる馬鹿が出てきてしまった。

証拠を出して確定してから、教科書等に「命令があった」と書くべきで
確定してないなら「自決した人も多数居た」くらいしか書けないわな。
今までの検定の仕方に問題があったとしか思えん。

286 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:46:33 ID:xDkfLwD10
>>284
2ch(wのある今ですらこんな状況だ。
考えるのも結構だが、今ある現実もまた真実。

287 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 12:49:09 ID:4BVjcpbo0
>284
> >>274
> ただただ上が作っただけと言い切ってしまったら、当時の国民をあまりに無視することになるとおれは考える。
おれは「ただただ上がつくった」なんて言ってないよ。
当時の熱狂は、軍部のものすごい世論工作抜きにはありえなかったという歴史的事情を指摘してるだけで。
だから「もちろん、なにもないところに「空気」は作れない」と一言つけくわえてるんだが。





288 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 13:01:05 ID:OD/iLPBF0
上も下も、アメ軍に捕まったら弄り殺されると信じてたんだろ?
つか、実際そういう例も多かったみたいだしね。
で、もしもの時には楽に死ねるようにと、手榴弾を配ったと。
今更、軍だけを問題にするのは明らかにおかしいね。

289 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 13:12:01 ID:n0I79Pq8O
>>288
当時の日本は国際法を無視して民間人に爆弾かかえさせ
自爆テロやらせていたんだから
米軍が疑心暗鬼に陥るのは当たり前

290 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 13:24:19 ID:6iQZGKRP0
>>286
おれは今も昔も国民の決断があまりに軽く扱われてることがすごく嫌いだよ

>>287
ん、そういうことなら納得できるよ。ありがとう。

291 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:01:19 ID:uHsbZbYP0
町村、うかつな発言をするなよ、ボケが。
森の子分はろくなのがいないな。

292 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:13:06 ID:W8SVVeMQO
教育NHK以外は全部生中継してる

293 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:15:17 ID:XYx1ZuMGO
ラジオもな

294 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:15:43 ID:plaBtvoZ0
>>284
「軍部とマスコミが焚き付けたとしても、結果それを支持した国民の決断はどこへ行ってしまったのか?」
この場合それは関係ないよ。任意に投降するのは国民の権利で、この場合
それを侵害されたかどうかという話なんだから。
国民は軍によってみずからの権利を侵害されることを支持したわけじゃない。

295 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:15:44 ID:NTe2kn4z0
法律には書かない。命令もしない。
道徳や空気で縛る。
絶対責任は問われないw。

296 名前:征夷大将軍:2007/09/29(土) 15:18:33 ID:KSZbcrE1O
日本軍の強制で自決ならそもそも沖縄県民は全滅してたんじゃないの?

聞く話聞く話皆、自決をいわれたけど拒否しただの逃げただの。
そんな簡単に断られるなら強制でもなんでもないだろうが。

ホントに馬鹿サヨクは頭逝かれてるんじゃないのか?
いいか?沖縄県民戦争で被害を受けたのはおまえらだけじゃないんだぞ?
本土のほうがたくさんの民間人を殺されているんだよ。

沖縄守備隊がいたから住民が巻き添えになったのではなく、アメリカ軍の作戦方針により無抵抗の民間人の虐殺作戦が実行されたんだよ。

アメリカ空軍のカーチス、ルメイ少将の非戦闘地域への民間居住地爆撃作戦を知らないとは言わせないぞ?疎開地への児童を狙った艦載機による機銃照射での殺戮。

いいか沖縄防衛のためどれだけ総力を用いて日本軍が犠牲だしたのかわかってるのか?
沖縄県民を殺戮したのはアメリカ軍だぞ?
さらに沖縄占領後アメリカ兵がどれだけ県民を殺害し、子供までレイプされ、強盗、窃盗を頻発され土地を奪われたか!

いい加減、中韓朝の工作員や国内の売国奴に担がれる愚かな行為はやめなよ。

琉球王国の末裔なら誇りをもっていきろよ!

297 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:20:14 ID:Q++s+4xPO
>>1
>沖縄のみなさんが
>先の大戦で
>苦労された

>軍部のかかわりがまったくなかったとは
>誰も思っていない


集団自決と関係ないただのごまかしじゃん

298 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:21:36 ID:KDz1UrKE0
具体的な事は何も言わないのが政治家

299 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:23:11 ID:yBU4DsnC0
むしろ沖縄は中学生のひめゆりにあるような
中学生の学徒動員をもっと検証して後世につたえてやれよ
15かそこらで軍に使われて死んでったんだぜ?

まぁ調べても金にならないからスルーしてるんだろうけど

300 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:23:40 ID:VHhCv1Z70
>沖縄県民を殺戮したのはアメリカ軍だぞ?
さらに沖縄占領後アメリカ兵がどれだけ県民を殺害し、子供までレイプされ、強盗、窃盗を頻発され土地を奪われたか!

沖縄ではアメリカ軍は正義の解放軍で、殺したのは全部日本軍だと教わってますが??
沖縄って米軍基地の就職予備校のCMをTVで流してるんですよ?
全県挙げてアメリカのポチ

301 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:24:19 ID:4VvT/hNYO
>>283
現地人には区別付かないという理由で議論中の話を現実にあったこととして教科書に書いていいの?
っていう話なんだよ

302 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:25:26 ID:ed89xTNU0
給油継続は事実上、日本軍の復活だよ。

303 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:28:21 ID:yBU4DsnC0
>>302
日本軍が復活して何か問題でも?

304 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:31:43 ID:plaBtvoZ0
>>301
議論中っていっても、一度結論が出たはずの話を証言者が高齢で死んだ頃に
なってから蒸し返してるだけに思えるんだが、この話。


305 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:34:34 ID:Q++s+4xPO
座間味島での話

・25日夜に忠魂碑に集合を伝令したのは村役場の防衛隊員
・しかし空襲で忠魂碑集合は果たせず
・防衛隊長でもあった助役は産業組合壕へ
・その産業組合壕で集合自決
・米軍の命令で2ヶ月その壕は立入禁止に
・真相は闇の中

どう見ても助役の無理心中ですありg

306 名前:名無しさん@八周年:2007/09/29(土) 15:42:40 ID:gZFVcVAc0
>>305
軍属の無理心中でもあるのでは?


戻る ニュース速報+に戻る 全部 最新50
DAT2HTML 0.34a Converted.